A Day of the Colour

ARTIST'S BOOK/Oct 2011
paper, concertina binding

 「本は世界である」。数々のブックアート関連書籍を出しているグラナリー・ブックスのディレクター、スティーブン・クレイによれば、文字や挿絵などを介して人々に情報や知恵、発見の機会を与える本は、その形の中に一つの世界を作り上げているのだといいます。その大きさの大小に限らず、読み始めた瞬間から読者は本の空間に入り、読み進める行為はその世界を行き交う旅人になるのではないか、という観点から私のブックアートの研究は始まりました。この作品ではある日のロンドンにて思いがけず現地の文化と対面する小さな冒険が繰り広げられます。
  Steven Clay's quote, 'The book is a world' is based on his idea that all the contents, such as texts and illustrations, are not just information but the condensed facts and influential elements. Those things are what the world is made of. Referring to this philosophical point of view, my idea has been developed to a theory; as soon as we start reading, we would be involved into the unique space, and, in a sense, become travellers exploring through the the world of the book.

SKETCH


写真をクリックして他のイメージもごらん下さい。
Click the pic for other images.