12カ月を彩る 絵てがみ入門
監修(作品制作)の吉川先生は今回本に載せた作品以外にも、タタミ1畳分の絵てがみを描いてご友人に送ることもあるそうです。
撮影現場でも先生はサササッと素早く筆を進めていきながら、ちょっとしたアイデアを加えたりして可愛らしくアレンジしていました。
先生の明るく楽しいイメージを反映させた本を作りたいということで、表紙もカラフルに仕上げました。今回はADも務めています。

2016/188x258mm/P128/published by 日本文芸社

写真をクリックして他のイメージもごらん下さい。
Click the pic for other images.