交差式製本と同様、綴じ糸の選択を本文の素材やイメージに合わせます。
綴じ型の模様も変えられますがそれはまた次回。
Similar for long-stitch binding,
using colourful thread would expand creative ideas.
和綴じでは主に紙を内側に折って「輪」を作り本文にします。
本来は裏写り対策ですが、あえてその構造を活かしてみます。
For Japanese binding, pages were originally folded-in,
in case of ink soaking through to the next page.
洋雑誌の写真ページを使用しています。せっかく綺麗な色合いなので
折り込んで紙切りを施し、裏面の写真も活かしてあげました。
All the paper was selected from a photography fashion magazine,
and make cutout to feature images on the other side.
隠れていたイメージが表れ、思いがけない表情が生まれます。
Hidden part reveals and create an unexpected image.
背部分が大幅に固定される和綴じの特性上、紙は柔らかめのものを
使用した方がページが開きやすいです。
Due to the structural wrinkle; the spine cannot be open widely,
flexible paper is recommended for Japanese binding.

和綴じ本 / Japanese Binding
名前にとらわれがちですが、日本らしい素材を使わなくてはいけないという決まりは当然ありません。使用例)印刷して裏写りした紙、切り絵
Although this binding method was generally used during the early period in Japan, any contents could be bound. e.g) printed thin paper, cutout images


06 05 04 03 02 01
NEW << >> OLD