ハードカバーでくるみ製本。メジャーすぎる組み合わせですが
素材を選んだりする事で独自の一冊が出来上がります。
Although 'hard-cover and case-binding' might be regarded as
not so unique, there are several clues with the material selection.
この製本方法では各折り丁(本文の節)に三枚ずつ紙が使われ、
色や質を統一せず変えてみるとこのようにカラフルな仕上がりになります。
The page consists of several sections with three folded paper.
As selecting various colour of paper, the spine looks like 'rainbow'.
てんでバラバラな形に切られたページがあるように見えますが…
実は折り丁ごとにパターンが分かれています。
All pages seem to be cut at random,
but they actually have specific patterns for each section.
折り長の真ん中(糸で綴じられているページ)まで開くと模様が表れます。
たどり着くまでのページの表情の移り変わりも見所です。
Through opening the pages, the visual changes dynamically,
and the centre of each section finally shows a graphical figure.

くるみ製本 / Case Binding
数ある製本方法の中で最も一般的なくるみ製本です。糸で綴られているのでしっかりと開く事が出来る頑丈な作りになっています。
そのためページのサイズや形を大胆に変えても安定した造本が保てます。使用例)絵本、手作りノート
The most general binding method and suitable for any purpose. As the spine is bound firmly,
the book can keep its tolerant structure even thought the page size is not fixed. e.g) picture (children) book, handmade notebook


06 05 04 03 02 01
NEW << >> OLD