蛇腹本をしまう時にはゴムや紐を利用してバラバラ開かないようにします。
今回は白いゴムを飛行機雲に見立て、引っ掛かるよう細工しています。
Generally use bands to keep pages from opening automatically.
In this work, a white rubber band was used as the image of contrail.
日本では「ヘビの腹の様にうねうねして長い」という見立ての名称ですが
英語ではアコーディオンのヒダを指す「コンセルティーナ」と呼びます。
In Japanese, this binding method is called 'Ja-ba-ra'
meaning 'snake's belly' because of its finishing structure.
各折りを一つずつ見る(読む)のが一般的ですが、
長くなる構造を活かしパノラマ写真のような風景を作ることにしました。
As featuring the long structure, a panoramic image could be
represented in an effective way
三層の紙はそれぞれ長さが違う為、広げた際に若干奥行きに
差が生まれます。これによって切り絵同士に遠近感出せます。
The size of each layered paper is slightly different,
so then a depth is created in the cutout images.
裏面。こちらは飛行機内の窓のイメージが使われています。
表と裏の関係性を考えなくてはならないのが蛇腹本のポイントです。
The rear as windows of an airplane. For a concertina bound book,
both sides should be considered with a specific idea.

蛇腹製本 / Concertina Binding
一枚の紙を幾重に折る最もシンプルな製本方法です。少し細工をする事で立体感を作り出せます。 使用例)風景画、物語を伴う一枚絵
Just folding a piece of paper: one of the most simple binding method. e.g) panoramic picture, long narrative illustration


06 05 04 03 02 01
NEW << >> OLD